読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The Transformer

ー世界と自分の変容ー

「お金の循環」への苦悩

お金の循環

ついに私にもやってきました。

お金を循環させる壁が。

 

仕事を辞めて3ヶ月。これまでといえば、遊休消化と一ヶ月後に振り込まれる給料、加えて貯金で生きてきました。貯金はそれなりにあった(とおもっていた)ので、海外移住に使おうかななど考えてもいましたが、早くも底をつきそうです。

 

収入はないけど、なんの躊躇もなく貯金を使い続けていました。無駄遣いもありましたが、恐らく半分以上はこれまで駆使してきた自分への癒しや自己投資として使ってきました。すると先日、天の計らいなのかなんなのか、うまいタイミングでまとまったお金が予期せぬ方法で入ってきました。というのは、亡くなった祖父の遺産なのですが、親戚の計らいで孫たちにも分与されることになったのです。

 

このお金、祖父の遺産を受け継いだ母親や叔父は、「結婚資金」として孫たちに与えることにしたそうです。母親からは、「じいちゃんの命のお金だからね」と、強い意志を宿した口調で言われました。母方の父の死は、母親にとって非常に無念だったようで、もう少しケアができたらあと2,3年は生き長らえたのに、と死への後悔の念が消えていません。そんな母親を経由して、祖父の遺産の一部を受け取ることになりました。

 

私はといえば、結婚願望があまり強くなく、結婚したとしても少なくとも結婚式に使う予定はありません。それならば、自分にとってより大事な局面で使いたいなと思いました。しかし、母親の気持ちもよくわかるし、自分自信の祖父の死への無念さもある、そのため簡単に手をつけたくないという思いがあります。

 

一方現在の金銭状況はといえば、貯金が底をつきそうで、大きな収入の当てもない、失業保険の受給まであと3ヶ月。いよいよどうにもならない局面に差し掛かってきました。

 

しかし見方を変えると、ある程度のお金を3ヶ月間で使ったから、まとまったお金が入ってきた、とも捉えられます。実際に、この3ヶ月間で使ったお金と今回入ってきたお金はだいたい同じぐらいの金額です。断捨離や呼吸法とも同じように、まずは出すこと、使うこと。知ってますよ、この知識!何度も何度も聞いてますよ、このセリフ!これまで実体験をする機会がありませんでしたが、この局面でとうとう自分にもやってきました。

 

いや〜壁です。大きな壁です。遺産に手をつけなくても他の当てがあるので、まずはそちらを試すのか。はたまたお金を生み出す何か始めるのか。今後どのような展開になるのか、全く読めません。。。