読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The Transformer

ー世界と自分の変容ー

自分自身に、問いかけること

今日は素晴らしい出逢いがあった。

ある知人の奥様と初めてお会いしたのだが、考えに強く共感し、生き様に大きな刺激を受けた。

 

知人からは、1,2年前から奥様の話しを聞いていた。当時から、会ったことはないものの生き方に魅力を感じていて、いつかお会いしたいと思っていた。これまではその機会がなかったが、今日やっと実現した。

 

その方は、銀行→大手民間企業→フリーランス→出産→NPO/フリーランス準備、と自らの人生を切り開き続けている女性だ。その根底にあるのは、自分自身に問い続ける心の姿勢と、沸き起こる想いを行動に出し続ける姿だと思った。心と情熱に従い、オンリーワンの道を切り開く生き様が、とてもカッコよかった。

 

そんな生き方に魅了され、何が彼女の人生を切り開き続けているのかを、考えてみた。

 

1. 自分への問いかけを、ひたすら続けること。

携帯しているノートを少し見せてもらったが、文字がびっしりだった。何を書いているのか聞いたところ、日記風のこともあれば、気になった言葉を書き留めたり、考えたことを書いたりと、様々だという。お話しからも垣間見えたが、おそらく自分自身への問いかけを相当している。何を感じ、何に興味を持ち、何を望んで、何を望まないか、そんな問いかけを常日ごろ続けているのだろうと思った。仕事や生き方に対する彼女の返答が、常に明確だった。自分が何者かを知るには、経験を通じた感情や思考を観ることだと思うが、それは書き留めないと瞬時に忘れてしまう。また、経験だけで足りない部分は、自分自身へ自ら問いかけることで、さらなる深堀りができるのだと思う。

 

2. 興味をもったら即行動

自問で自分を知ることはできるが、そこに行動は介在しない。想いを現実化させるのはやはり行動のみ。とにかく彼女のアクションは早い。今年4月、あることに興味を持ったそうだが、実現のためにNPOでの勤務時間を変え時間を確保し、海外に視察に行き、webサイトを立ち上げたそうだ。すべてこの3ヶ月間で行ったことだ。(乳児が一人いて、旦那さんはほぼ海外出張にもかかわらずだ。)「とにかくやらないと何もわからないし、やればどうにかなる。行動を起こすのにリスクなんてほとんどない。悩む前に行動している。準備は不要。」そう言っていた。深く頷いた。

 

バランスよく3つ書きたいとこだが、この二点にすべてが集約される。

 

 

私はなぜ彼女の生き方に魅了されたのだろうか。 

自分は何に興味があり、それをどうしたいのか。

行動なしに、考えるだけで答えを出そうとしていないだろうか。

 

 

今日の出逢いは、自分に何をもたらしたか。

この出逢いに、何を意味づけるか。